前へ
次へ

着物も買取サービスを活用してみよう

今日ではさまざまな商品の買取が行われており、不用品を売ることでちょっとしたお小遣いを手にすることができるとしてとても人気があります。
着物も買取が行われている分野であり、利用者も多くいます。
以前であれば、女性は結婚をすると嫁入り道具として自分用の着物を仕立てて持って行くという風習もありましたが、今日では着物を着るシーンもめっきり減ってしまいました。
それでも冠婚葬祭時など着物が必要な場合もありますが、現地で貸してもらえる便利なレンタルサービスもあり、手ごろな価格である点、保管や手入れの必要がないことなどの点から自分用の着物を持っていてもレンタルを利用してしまうケースもあるのです。
着物買取では、着物本体の他にも着付けに必要な帯や帯留め、草履や和装バッグなどの小物類も一緒に買い取ってもらえることがあります。
良い物であっても手入れをしなければ着ることができない状態にもしてしまうので、気に入って着てくれる人に渡るようにするためにも着物買取サービスは役立ちます。

着物買取を初めて体験した時の事について

私は若いころ着物に興味があり、プライベートでも着物を着たいと思っていました。
しかし若いころの給料では着物を購入することは大変でした。
そこで親戚のおばさんが昔着ていた着物を譲ってくれるということになりました。
処分するのも大変なので、着ないものは売ってもいいのでたくさん持って帰って欲しいと言われ、段ボール五つ分くらい持って帰ってきました。
いざ家に帰って着物を見てみると、実際にその時の自分の年齢に合った着物は何着かで、その他はなかなか自分では着れそうにありませんでした。
家に保管できるスペースも限られてますので、おばさんには申し訳なかったのですが、やはり買い取ってもらうことにしました。
ネットで調べてみるとたくさんの着物の買取のお店がありました。
着物を実際にお店まで持って行き、査定してもらうというところもありましたが、何着もの着物を持って行くのは重いですし、かさばるので大変です。
そこで着物をダンボールに梱包して送って査定してもらって、納得した金額だったら送金してくれるというお店を見つけ、そこに送りました。
着物と帯とでダンボール二つ分送りましたが、二千円弱の金額でした。
納得はできませんでしたが、また着物を返してもらって他のお店の査定に送るなどの手間を考えると、引き取ってもらえるならいいかという思いに至ってしまい、一件目のお店に買い取ってもらいまいた。

Page Top